フォトブックのサイズを比較 写真がたくさん入るおすすめサイズは?

皆さんはフォトブックをご存知でしょうか。
フォトブックとはデジタルカメラで撮影した写真を使って、
オリジナルのアルバムを作製するサービスであり、今大変注目を集めています。

専用のソフトを使って誰でも簡単にオリジナリティあふれるアルバム作製が可能であり、自分で鑑賞したり家族で楽しんだり、あるときには大事な人への贈りものとしても喜ばれたりします。さまざまなサイズのものがラインナップされていますが、用途に応じて選ぶと良いでしょう。

フォトブックのおすすめサイズは?

フォトブックの比較については以下のサイトをご参考に。
フォトブック比較!フォトブックマニア

例えば、CDサイズでは非常にコンパクトであり手軽に作ることが出来ます。元が小さめなので写真も小さめになりがちですが、余りかしこまった作りにならず作製金額も比較的安価なので、手軽に鑑賞できる大きさとして人気です。その上のサイズではA5の大きさのタイプがあります。写真もやや多めに入れることができ、大きさもほど良く大きいので見やすいです。さらにその上のA4サイズになると大きめの本格的なフォトブックらしくなってきます。写真をたくさん入れたいという考えなら、やはりこの大きさが一番でしょう。ソフトカバーとハードカバーのものが作られておりますが、A4の大きさはハードカバーのものが多く作られており、見栄えもかなり高級感があります。このA4の大きさのもので作るとレイアウトの選定にもよりますが、かなり写真の枚数を増やして作ることが可能です。フォトブックを作製するにあたっての専用ソフトはお店やサイトごとにいろいろありますが、レイアウトにもかなり自由度が高いものが多いので、それを用いてなるべく写真を多く配置できるレイアウトを選びましょう。後は作製するページ数をどのくらいまで増やすかによります。実際のところ、ページ数が多いと必ずしも写真枚数が多いというわけではありませんが、目安として大体写真の数はページ数の2倍から4倍くらいは乗せれると考えられるでしょう。

フォトブックのページ数は?

ページ数も、お店やサイトごとに異なっていますが、A4サイズであれば50ページくらいから100ページくらいまで増やすことが出来ます。このくらいのものであれば、たくさん撮りためておいたデジタルカメラの写真をまとめて整理するような形となり非常に便利です。いろいろなタイプのものを比較して最終的には自分の用途に合ったものを選ぶことが大事ですが、

思い出の詰まったフォトブックを作るのであればせっかくなら、写真をたくさん詰め込むことが出来るA4の大きさのものがおすすめです。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です